喧嘩してるわけじゃありませんw

| 2011/7/29 by 朔夜 | モンハン日記|

ちょっと早めに街へ。
まずは、ひとみさんのSRランスの嵐解放へHCガノ変種3連戦へ。
ラストはじさまも到着して3人で。
ひとみさん「試練たっせい〜」
朔夜「おめでと^^」
ひとみさん「(操作わからないけどw」
じさま「ガード突きじゃ。まず嵐に切り替えるところから・・・w」
ひとみさん「んむw」

次に、脈動ギザミ(じ)へ。
今週末は、脈動シリーズが全配信。
取り損ねたものを取るチャンスですねw
その後、HC下位テオ(朔)、HC下位ギザミ(ひ)、脈動ギザミ(じ)、HC下位テオ(朔)と回ります。
ミミルさん「お祭りごとは計画的に><」
途中、ミミルさん到着。
ミミルさん「これを期に新しいSRでもと思ったけど、対象のHC武器もプレゼンも大して欲しくないのだったという・」
じさま「ワシもそれほどではないんじゃが、貰えるなら貰うておこうと・・w」
ひとみさん「とりあえずランス作ろうかと。。。」
作る気は満々なのですけど、レアが出てくれるかしら。。。
あれもこれもと作る時間ないので、現在狙って作っているのは1つだけ。
でも、いつか色々作れるように、どんどん憑いて行きますよw

朔夜「じゃ、ミミルさん、次決めて〜」
ミミルさん「顎か下位HCトトスかの〜」
HC下位ガノで準備していると、
ミミルさん「・・・トトスのがソロしかないのかw」
季節的なものですねw
朔夜「じゃ、どうする?ソロ?(ぇ」
ミミルさん「がーん^^;」
HC下位ババ(ミ)に変更。
ミミルさん「でたりはいったりで弁当3色目;;」
カラフル?w
ミミルさん「んま、景気欲出発を〜」
朔夜「はぁい(欲ってw」
ひとみさん「欲まるだし?w」

次にHC下位ギザミ(ひ)へ。
ミミルさん「そいえば、今回のHCはランスあたりな感じだったのw」
朔夜「ランスいいわよね>水+麻痺」
ひとみさん「それ狙って、将軍ですがw」
ミミルさん「かなりおすすめではあったのだけど、残念ながらSRの対象になってなかった><」
ミミルさんは、太刀、弓、大剣ですものねw
ひとみさん「まぁ魂は1からなのだがw>私も」
ミミルさん「なるるw」
ひとみさん「うん・・・2段階までで30枚もいる・・」
ミミルさん「ながいの・・」
朔夜「レア1つに30戦だから、大丈夫(ぇ」
ひとみさん「ぇ〜w」
じさま「30戦で出ないと思うとるが・・・」
ミミルさん「そういう考えもあるか?w」
ひとみさん「20戦ででるはず。。なので10戦あまる(ぉ」
じさま「クックもババも50以上いっとるしな・・・」
その代り、1発で出るのもあるのだし、平均でだいたい30ですよw
もちろん30戦すれば必ず出る保証もなく、95%出る期待値・・・と考えるなら、50戦でもYESですけどねw(きちんと計算はしてませんが

次に脈動ギザミ(じ)へ。
じさま「HC武器も特有の効果出したことじゃし、剛種武器の見直しもして欲しいもんじゃ・・・」
ミミルさん「剛とやるときに会心50%UPとか?」
朔夜「また、剛種武器作りたいのに剛種武器が必要な時代が来ますよw(そうすると」
ミミルさん「ほむ^^;」
ひとみさん「剛武器は最強なのだから、それでそく特徴のような・・・」
朔夜「別にいまのままでいいようなw 新しい武器出すときの調整だけで」
ミミルさん「最近最強でもなくなってきてるけどの・・HCよりしょぼいのとかあるw」
ひとみさん「まぁ多少のw」
じさま「そういうことでなく、今の体力+スタミナマックスじゃと弾かれんて特性が無意味に過ぎると思うんじゃ。まったく実用的でない上に秘伝で弾かれん、てのが出た今まったく無意味じゃろ」
ミミルさん「たしかにそこはしょぼすぎるのw」
朔夜「んま、失敗だったでいいようなw それもまた歴史。。。調整ってあんまりすきなじゃいのよね〜(個人的には」
じさま「調整はやむを得んじゃろ・・・」
ミミルさん「次の種がでるのに期待・・(いまから」
朔夜「レア13とかでw」
じさま「最初から完璧なのができるわけないのじゃし」
朔夜「どこまで調整しても完ぺきにはならないと思ってるw」
不満を大声で叫んでいる人よりも、どうでもいいと思っている人の方が多いと思うのですよ(声が上がらないだけで
ごちゃごちゃいじるより、出たものは出たものとして、次に考えてもらえばいいと思います。
その時、納得して作ったのだから、その後時代が変わろうとも、それはそれ。
イベント武器の素材見直しも要望に上がっているようですが、作りたい人だけ作ればいいのにねw
労力に合わない性能なら、スルーすればいいだけのこと。。。
今の武器事情は、色々混迷していて、ある種考える楽しみがあって、面白いですけどねw
あ、でも。。。
太刀の秘伝防具は見直してあげて(ぇ

次にHC剛種狼(朔)へ。
2担架と苦戦して討伐。
ひとみさん「桂さん近かったw」←2担架
じさま「三枝はいなくなった・・・w」
朔夜「どうして名前変えるのかしらねw(落語にしろ歌舞伎にしろw」
じさま「変えるというか、名前を継ぐてことじゃろ」
朔夜「そうなのだけどね〜」
ひとみさん「襲名興行で儲かるから(ぇ」
ミミルさん「なるほどw」
じさま「もっとも、彼はどちらかといえばあの世界での新境地を開拓した御仁じゃから、「三枝」の名で後継者が出るようになっても不思議はなかったんじゃが・・・」
朔夜「団十郎のように、いつかは現れるんじゃ?」
じさま「まあの」
朔夜「(意外とついてっているw」
じさま「w」
ミミルさん「もちろん、よくわかっていない(えっへん」
じさま「わかっとる(ぇ」
芸能系の話題はあんまり得意じゃないのですけどねw

その後、顎シェン(ミ)へ行き、本日おねむ。
またね^^

コメント欄

Trackback URL: http://mh.develop.jp/archives/4068/trackback/
このURLをクリップボードにコピーする

Name

Email

ウェブサイト

コメント文